犬まみれなお気楽生活♪

犬と私のQOLを向上めざして、いろな事を考え中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬に関わる仕事をしていて、時々考えさせられる話題,
どこまでがサービスか?、事故が起きてしまった場合の責任は?

例えば、
トリマーさんのところに愛犬を連れて行ってグルーミングしてもらう。
その時、毛玉があったら追加料525円(位)がかかる。

毛玉の大きさにもよるが、毛玉処理には相当時間がかかるらしい。
それを525円というのは、とっても割に合わないそうだ。

トリマーの労力だけの話ではない。
愛犬は、その時間ずっと台の上でじっとしていないといけない。
普段からブラッシングを怠った結果、愛犬に辛い思いをさせている自覚はないでしょうね。

あるとき外国のトリマー先生を日本に呼んでセミナーが開催された時に、
この話が上がって、その外人トリマー先生は、
「525円は安すぎるでしょ!
基本的なグルーミングは飼い主がやるのが普通でしょ
それを怠慢して、525円でトリマーに任せてる。
525円の料金設定にするトリマー側も問題で、飼い主の「愛犬の世話ネグレクト」を生み出す原因にもなっているのよ!」
と言われたそう。

いつも利用していただいているお客様の為になら、値段の問題ではないかもしれない。
でも、飼い主のやるべきことが、トリマーがやって当たり前になり、よろしくない風習がさらに宜しくない風習を招くと思う。

爪を切ろうとすると噛んでくるほど拒む場合は、切らない。
ノミダニがいることがわかったから、すぐにお迎えに来てもらう。
など、お店側がリスクを負わなければならないわけではないよね。
飼い主が、爪切りができる、もしくは口輪をつけれるように日々の練習はできるし、
ノミダニや感染疾病などは、他の動物達への配慮は当たり前。

それぞれの環境要因や選択肢は違っても、飼い主の常識レベルが上がって行くように社会貢献する意識を持っていたいと思う。

そうは言っても、断るとか、飼い主さんのせいにしないように説明するのって難しいけどねー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。